Japan Hairdressing Awards 31th

ENTRY

杉川 友洋(c)JHA

What’s Official Awardsオフィシャルアワーズとは?

共催美容専門誌(毎年7月号~翌6月号)に掲載された作品を対象とする賞を指します。
大賞である「JAPAN HAIRDRESSER OF THE YEAR」と新人賞の「NEWCOMER OF THE YEAR」の二つです。

※こちらの賞は該当者自動エントリーのため、応募の必要はございません。

Rules & Judgement要項と審査について

一次審査 エントリー規定Primary Screening

JAPAN HAIRDRESSER OF THE YEAR (大賞部門)

対象 日本国内の理美容免許取得者で、共催美容専門誌に年間8作品以上掲載されたヘアデザイナー。年齢制限なし
エントリー条件 共催美容専門誌掲載作品が「年間8作品以上」の場合エントリー可能

NEWCOMER OF THE YEAR (新人賞部門)

対象 日本国内の理美容免許取得者で、共催美容専門誌に年間2作品以上7作品以下掲載されたヘアデザイナー。年齢制限なし
エントリー条件 共催美容専門誌掲載作品が「年間2作品以上、7作品以下」の場合自動的にエントリー
8作品以上でもご本人が希望した場合、大賞部門ではなく、新人賞部門にエントリーすることもあります。

※ただし、次の場合を除く
・過去に新人賞部門の最優秀新人賞、優秀新人賞を受賞したことがある。
・過去に2回新人賞部門のファイナリストとなったことがある。
・過去に1回以上大賞部門のファイナリストとなったことがある。

最終審査 ノミネート規定Final Screening

JAPAN HAIRDRESSER OF THE YEAR (大賞部門)

対象 第一次審査にて選出されたヘアデザイナー15名
対象作品 ノミネート者の任意選出による共催誌掲載作品各3点 および 撮り下ろし作品各1点 (※)
※大賞部門ノミネート者には最終審査用に撮り下ろしを1作品ご用意いただきます。

NEWCOMER OF THE YEAR (新人賞部門)

対象 第一次審査にて選出されたヘアデザイナー20名
対象作品 ノミネート者の任意選出による共催誌掲載作品各2点

審査Judgement

1次審査

日時 7月下旬(予定)
審査方法 プロフェッショナル審査員およびジャーナル審査員によるファイル審査
審査対象
JAPAN HAIRDRESSER OF THE YEAR (大賞部門)
審査対象作品:ファイリングされた各8作品
選出ノミネート者数:15名
NEWCOMER OF THE YEAR (新人賞部門)
審査対象作品:ファイリングされた各2~4作品
選出ノミネート者数:20名
結果発表 8月上旬(予定)

最終審査

日時 10月中旬(予定)
審査方法 プロフェッショナル審査員およびジャーナル審査員によるパネル審査
審査対象
JAPAN HAIRDRESSER OF THE YEAR (大賞部門)
審査対象作品:ノミネート者の任意選出による共催誌掲載作品各3点 および 撮り下ろし作品各1点
選出する賞:グランプリ、準グランプリ 各1名
NEWCOMER OF THE YEAR (新人賞部門)
審査対象作品:ノミネート者の任意選出による共催誌掲載作品各2点
選出する賞:最優秀新人賞、優秀新人賞 各1名
結果発表 JHA授賞式 11月第2月曜日(予定)