Japan Hairdressing Awards 31th

FAQ & CONTACT

金谷 二郎
(c)IZANAGI

応募方法や各賞のこと、応募作品についてなど、当協会に寄せられるご質問で多いものをまとめました。応募前にぜひご一読ください。解決しない場合やその他のお問合せやご連絡はお問合せフォームをご利用ください

お問合せフォームへ

よくあるご質問 FAQ

審査対象期間について教えてください
オフィシャル・アワーズ(共催美容専門誌に掲載された作品を対象とする賞):毎年7月号~翌年6月号アプリケーション・アワーズ(一般公募作品を対象とする賞):毎年7月1日~翌年6月30日(消印有効)となります。
オフィシャル・アワーズへの自動エントリーに必要となる作品数は何点ですか?
JAPAN HAIRDRESSER OF THE YEAR(大賞部門)は8作品以上、NEWCOMER OF THE YEAR(新人賞部門)は2~7作品です。
なお、対象は大賞部門も新人賞部門も共催ジャーナル誌からの自動選出のため、自主応募は受付しておりません。
エントリー対象となる作品のサイズを教えてください
誌面のサイズにより異なりますが、各誌の1/4サイズ(ハガキ大)以上を目安としています。
アプリケーション・アワーズへはどのような方法で応募すればよいですか?
アプリケーション・アワーズ応募要項のページをご参照いただき、記載されている内容に沿ってご応募ください。
応募台紙の価格について教えてください
1枚100円+税となります。
応募台紙はどこで購入できますか?
お取引のあるJHA社員(メーカー・ディーラー)にお問い合わせください。
1人何作品まで応募できますか?
お1人につき最大4作品まで応募可能です。
エントリー費について教えてください
作品1点(1枚)につき、3,000円+税のエントリー費が必要となります。
応募締め切りはいつですか?
毎年6月30日(消印有効)です。
JHA事務局に直接作品を届けることはできますか?
基本的に手渡しでのご応募は承っておりません。
作品のサイズについて教えてください
A4サイズ(約21.0cm×29.7cm)です。
作品に画像処理を行うことはできますか?
ヘア部分に画像処理を行うことはできません。ヘア以外の箇所については、画像処理を行っていただけます。
作品のプリントについて、インクジェットプリント不可となっていますが、自分でプリントしたもので応募できますか?
ご応募いただけます。ただし、インクジェット紙によっては変色する場合がございますので、写真用光沢紙にプリントしてください。
同一モデルでヘアスタイルが異なる作品を応募することはできますか?
ご応募いただけます。ただしエントリー費及び応募台紙は作品毎に必要となりますのでご注意ください。
同一モデルでヘアスタイルも同じだが、カットが違う(撮影ショットが異なる)作品を応募することはできますか?
ご応募いただけます。ただし、美容専門誌掲載作品の別カットについてはご応募いただくことはできません。
また、エントリー費及び応募台紙は作品毎に必要となりますのでご注意ください。
作品の著作権や肖像権に関して、提出が必要な書類などはありますか?
著作権や肖像権に関して、JHA事務局へ提出が必要な書類等はございません。
ただし、トラブルが発生しないよう、必ず著作権・肖像権使用の許諾をカメラマン、モデルにお取りいただけますようお願いいたします。
詳しくは、応募要項ページ内の応募規定「著作権、肖像権について」をご参照ください。
ノミネート作品の発表はいつ頃ですか?
毎年8月の上旬頃に、当サイト上にてお知らせいたします。
なお、ノミネート発表に関するお電話及びメールによるお問い合わせは承っておりません。
ノミネート作品の発表はどのような形で行われますか?
毎年8月の上旬頃に、当サイト上にノミネート対象者のお名前・サロン名を掲載いたします。
また、ノミネート対象者の方々にはJHA事務局より、ノミネートされた旨のお知らせ および 関連書類を郵送いたします。
JAPAN HAIRDRESSER OF THE YEAR(大賞部門)とRISING STAR OF THE YEAR(ライジングスター部門)は同時にノミネートできますか?
2017年度より同時ノミネートはできなくなりました。両方にノミネートされた場合、自動的にJAPAN HAIRDRESSER OF THE YEAR(大賞部門)へのノミネートとなります。
※NEWCOMER OF THE YEAR(新人賞部門)とRISING STAR OF THE YEAR(ライジング部門)は同時ノミネート可能です。

お問合せフォーム CONTACT

※個人の方は「個人」とご入力ください
※携帯電話・固定電話どちらでも可能です